第6話:心の毒|漫画上巻レビュー【愚者の皮】

第6話:心の毒|あよが出会った癒しの方法とは?

英馬の再起を尽く潰した来たあよですが、彼女の心は顔同様に醜く染まりきってしまったのか!?

 

あよの本当に求めるものとは何のか…偶然の出会いが彼女に大切なことを教えてくれることになるのです。

 

興信所に向かう途中、山道を走るバスに酔ってしまったあよは止むなく山中で降りることに。

 

ところがそこは何もない場所で、その日のバスは終わってしまうという悲劇に見舞われます。

 

そこで話しかけて来てくれたのがウメという女性でした。

 

彼女は山の上の尼寺に住んでいるといい、困っていた彼女に手を差し伸べてくれるのでした。

 

他にどうすることもできず、ウメの住む尼寺を訪れたあよは住職の残月様という尼僧と出会います。

 

その寺は皆、配偶者の暴力から逃げてきたいわゆる駆け込み寺のような場所。

 

辛い過去を持つ者同士が集まっているものの、皆一様に明るく楽しく暮らしていたのでした。

 

そんな様子に違和感を覚えたあよですが、体調が安定しないこともあってしばらく療養することに。

 

自分の身の上話をすると尼僧たちは皆、涙を流して同情してくれたのです。

 

それでもまた、皆は自分より不幸な女に安堵しているだけだと訝しい目線を向けてしまうあよ。

 

彼女の心はどこまでも尖ってしまったようです。

 

これが彼女の心どころか、体にも異変を引き起こします。

 

息ができなくなって苦しむ彼女に残月様は伝えるのです。

 

あなたの復讐は執着なのではないかと…。

 

そこであよは気がつきます。

 

自分は英馬を見限って復讐しているつもりでまだ彼に執着しているのだ、皆のことを馬鹿にしているのは自分なんだと…

 

己の愚かさに気がついたあよは心と体の解毒をお願いし、いままでにない成果を上げることが出来るのですが!?

 

ついに昔の顔を取り戻す手段に辿り着いたあよ。

 

ところが、このまま元に戻ったらきっと英馬は美しい自分を求めてくる。

 

それを許すことは彼のためにも自分のためにもやってはいけないわけで…

 

自分の英馬への本当の気持ちに気がついたあよが下した決断とは…?

 

苦しい道を選んでしまった彼女の行く末をお見逃しなく!

 

>>第7話:変貌|漫画あらすじネタバレ

 

愚者の皮
作者:草野誼
>>【スマホ漫画】愚者の皮|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

愚者の皮(草野誼)|配信タイトル一覧

第1話 破局
第2話 愛の砦
第3話 憎悪
第4話 花は見ていた
第5話 顔という臓器
第6話 心の毒
第7話 変貌
第8話 春の疼き
第9話 亜依の誇り
第10話 英馬の決意
第11話 旅路の果て
最終話 言祝ぎ

関連ページ

第1話:破局|漫画上巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第1話:破局|人は出会い、愛し合って結婚するもの。そこに至るまでに必要なのは見た目の第一印象もありますが、やっぱり大事なのは人間の中身だと思っていませんか?そうであるのが理想ですし、見た目だけで互いを選んだ夫婦なんてそう長続きするものではないとは思うのですが…
第2話:愛の砦|漫画上巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第2話:愛の砦|夫に捨てられたあよ。彼女に残されたのは借家の家と僅かな家具、そしてボランティアでお世話をしていたおばあさんが隠していた大金でした。でも今の彼女にはお金なんてなんの意味もないもの。それよりもいなくなった英馬の行方を追うのでした。彼女は愛しい夫と再び会うことができるのか!?
第3話:憎悪|漫画上巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第3話:憎悪|夫に二度も拒絶されたあよは最早、死を選ぶのみと思われました。憔悴しきり、残されたお金にも手をつけない彼女は生きる希望を失っているように見えます。しかし、そんな彼女のところに幸か不幸か最大の敵が現れるのです。その名も「螢神土子」
第4話:花は見ていた|漫画上巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第4話:花は見ていた|螢神の攻撃によって一気に開花したあよの怒り。その矛先が向かう先は自分を捨てた英馬のところでした。一方、あよの追跡から逃れた英馬はどこへ行ってもその才覚を発揮し新しい道を開拓していたのですが!?どこまでも英馬を思うあよはついに彼を発見し…
第5話:顔という臓器|漫画上巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第5話:顔という臓器|初めは優しく頼れる夫だった英馬もついにその本性が顕になってきました。美しくない女は女ではないと言い切る彼の次の目的とは…?今回の英馬は更に下衆な男になる下がっていること請け合いです。事あるごとに再就職をあよによって潰される英馬は偽名を使って営業会社に勤めることに。