第10話:英馬の決意|漫画下巻レビュー【愚者の皮】

第10話:英馬の決意|英馬とあよの再会…変化する彼の気持ち

仕事を変えても、あよの嫌がらせを受けなくなっていた英馬。

 

それからも偶然も手伝い、あよと触れ合うようになっていた彼の心は次第に変化していたのでした。

 

以前は何とも思わなかったようなこと、むしろ見下し馬鹿にしていたような人間の行動を愛おしいと思うようになっていたのです。

 

美しくない女は女じゃないといっていた英馬がスーパーの特売に群がるおばさんを可愛いと思う日が来るなんて…。

 

自分の心の変化に戸惑いつつ、遂にあよと向き合う決意を固めるのです。

 

レストランにあよを呼び出した英馬。

 

着飾った彼女には先客がいた様子。

 

訝しげな顔をする英馬に新しい事業を始めることにしたのだと説明するのです。

 

すっかり自立した女性へと成長したあよ。

 

自ら体の一部をなくした人のためにエピテーゼという医療器具の会社を立ち上げあげようとしていたのです。

 

見た目のせいでどん底まで落ちた自分だからこそ、そんな痛みを感じる人たちのためになりたい。

 

心の優しさはそのままに強く成長した姿を見せてくれました。

 

そして英馬の本心すらずばりと言い当てたのです。

 

自分を捨てた女に優しくすれば過去の天使のような自分が取り戻せる…。

 

本人も気が付いていなかった本音を引き出され、すっかりやり込められてしまった英馬。

 

逃げ出したい気持ちに駆られながらも彼は踏みとどまるのです。

 

その理由はあよのことを全く醜いとは思わなくなっていたから。

 

彼女の顔は全盛期よりは回復しているものの、美しいとは言い難い顔。

 

美意識の塊のような英馬がそんな彼女を蔑まないなんて…

 

彼は遂に気がついたのです、自分が犯した罪を。

 

そして彼はあよに今までのことを謝罪します。

 

また、あよも彼に今までの非礼を詫びるのでした。

 

遂に和解を果たした二人。

 

更にお互いを想い合っている二人ですが、英馬はここで自分に試練を課すのです。

 

僕はきっと君にふさわしい夫になってみせる

 

今度は僕が君を追いかける番だ…

 

雨の中で指先だけで触れ合う二人。

 

すぐそこに愛があるのに抱きしめ合うことは叶わないのか!?

 

ラスト直前…切なさが極まる10話でした。

 

>>第11話:旅路の果て|漫画あらすじネタバレ

 

愚者の皮
作者:草野誼
>>【スマホ漫画】愚者の皮|無料試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

愚者の皮(草野誼)|配信タイトル一覧

第1話 破局
第2話 愛の砦
第3話 憎悪
第4話 花は見ていた
第5話 顔という臓器
第6話 心の毒
第7話 変貌
第8話 春の疼き
第9話 亜依の誇り
第10話 英馬の決意
第11話 旅路の果て
最終話 言祝ぎ

関連ページ

第7話:変貌|漫画下巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第7話:変貌|尼寺での解毒の修行は彼女の心を大きく変えました。復讐にとりつかれていた彼女の今の目標は英馬の心を変えること。本当の愛に英馬目覚めさせることが自分の使命だと強く心に刻むのでした。それまではこの醜い皮をかぶり続けるべきだと考えたのです。
第8話:春の疼き|漫画下巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第8話:春の疼き|英馬のことは自分の中ですっかり決着がつき、対面しても動じなくなったあよ。対して英馬は未だに彼女のことを化物扱いしいます。しかし、そんな彼の心にも少しずつではありますが変化があるようで…偶然にも田舎の駅で鉢回せてしまったあよと英馬。
第9話:亜依の誇り|漫画下巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第9話:亜依の誇り|前回、偶然ではあるものの顔を合わせることとなった二人。以前なら会話なんて不可能だったふたりですが、喧嘩腰ではあるもののすっかり話が出来る関係になってきました。これは前進なのか、後退なのか?いい変化であることを祈りつつ、今回はあよに最大のピンチが訪れます。
第11話:旅路の果て|漫画下巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 第11話:旅路の果て|前回でついにお互いの気持ちが通じ合い、あよのことを醜いと思わなくなった英馬。あよが遂に英馬の心を変えた瞬間でした。しかし、二人はまだ抱きしめ合って愛し合いことはできないのです。心は通じ合っているのに、なぜ…それは二人共やり残したことがあるからで
最終話:言祝ぎ|漫画下巻レビュー【愚者の皮】
愚者の皮 最終話:言祝ぎ|会社を軌道に乗せて、以前まで英馬と暮らした家の跡地へと向かうあよ。そこは荒地になっているはずだったのに、何故か家があって人がいて英馬がいて…。仕事の夢を追いかけているはずの彼の姿に驚くあよでしたが、それは英馬も同じこと。まさか彼女が帰ってくるなんて思っていなかったようです。