第3話:永訣|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】

第3話:永訣【愚者の皮〜チガヤ編1巻】

愚者の皮〜チガヤ編
作者:草野誼
>>【ストーリーな女たち】愚者の皮〜チガヤ編|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

 

(1巻収録話)
第1話:嫉妬ぶかい男
第2話:妻籠
第3話:永訣
第4話:偽りの献身
第5話:屈辱のゲーム
第6話:接続
第7話:刈萱

 

(第3話あらすじ)
自分の力で何とかするしかない…

 

何も持たないチガヤはそう決意し、自分の力のみで室からの脱出を試みていた。

 

髪を引き抜き、それを編んで糸にして動物たちのカゴを結び付けていく。

 

最後に転がっていた農機具を手にし、彼女は自由を求めて出口へとよじ登っていった。

 

彼女のセキに対する気持ちは怒りへと変わっていく…

 

兄に犯された自分を風呂にも入れず、医者にも入れずにこんなところに閉じ込めた…

 

さらには室の中の自分を見て喜びを感じ、どこまでも自分を辱める彼…

 

チガヤはただ、己の心を掻き立てる遠くの風景だけを求めて外へ出ようとしているのだ。

 

入口の土に農機具を刺すまでは成功したチガヤ。

 

だが空中でぶら下がったまま、上ることも下に降りることもできなくなってしまい…

 

その頃、セキは麓の町へと降りてきていた。

 

山ではひどい雨が降り、土砂崩れが起こっていたのだ。

 

街では家が崩れた上に大きな岩が転がる災難が重なり、その下に子供が閉じ込められるという事故が発生していた。

 

男たちは他の場所に駆り出されて、残されたのは女のみ。

 

どうすることも出来ないと手をこまねいていたところにセキが訪れる。

 

事情を聞いた彼は大岩の前でスっと立ち尽くしたかと思うと、大きな声を出しながら一気に投げ飛ばしてしまった。

 

感謝する女たちに、閉じ込めた妻・チガヤのことを愚痴るセキ。

 

するとその話を聞いた女たちは慌て始める。

 

街に降りてきていた時、チガヤは傍目から見ても幸せそうな表情をしていた。

 

それはどう見てもセキのことを好きだという現れだったのだ。

 

手遅れになるというのは、自分の恋が終わらないうちにということ。

 

女たちの言葉で目が覚めたセキは真実を確かめるため、家に向かって一心不乱に走り出したのだが…!?

 

>>第3話:永訣|漫画レビュー

 

愚者の皮〜チガヤ編
作者:草野誼
>>【ストーリーな女たち】愚者の皮〜チガヤ編|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

愚者の皮〜チガヤ編|配信タイトル一覧

第1話 嫉妬ぶかい男
第2話 妻籠
第3話 永訣
第4話 偽りの献身
第5話 屈辱のゲーム
第6話 接続
第7話 刈萱

関連ページ

第1話:嫉妬ぶかい男|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第1話:嫉妬ぶかい男|息を弾ませながらたくさんの荷物を持って山道を歩く少女・チガヤ。その先には彼女の兄という男たちが何人もいるはずなのに、誰も彼女の荷物を持とうとはしない。嫁入りの荷物なんだから自分で運べよ、と意地悪なことを行ってくる兄たち。
第2話:妻籠|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第2話:妻籠|訪ねてきた兄たちに汚され、それを知ったセキによって室に閉じ込められてしまったチガヤ。セキは彼女のために餅をつき、甘酒を作って差し入れていた。だが、彼女はどんなに衰弱してもそれらを受け入れようとしない。自分を心配しているならここから出して欲しいという願い
第4話:偽りの献身|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第4話:偽りの献身|室の脱出に失敗し、転落して大怪我を負ったチガヤを連れ病院へと駆け込むセキ。その様子はまさに鬼のようで、看護婦は慌てて院長に報告を入れる。だが、院長は笑顔のままセキを院長室に通すよう指示を出した。彼はこの辺りでは知らないものはいないほどの名士。
第5話:屈辱のゲーム|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第5話:屈辱のゲーム|退院し、セキと都会で暮らすことになったチガヤ。彼女は白杖をつきながら一人で街を歩けるよう練習をしていた。だがそれは思いのほか難しく、セキはそんな練習必要ないだろうと手を差し伸べてくる。その手を決して握ろうとはしないチガヤ。あなたの手だけは借りたくない…
第6話:接続|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第6話:接続|毎晩、必ず革のベッドを選んでしまい、セキに撫で回されることから逃れることができずに絶望の淵に立たされていたチガヤ。だが突如、彼女の瞼の裏に文字が浮かんできた。カタカナで一文字ずつ表示される言葉は「ホスウニチュウイ」
第7話:刈萱|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第7話:刈萱|刈萱はまだ年齢としてはかなり若いものの、彫刻家として高い評価を受けている人物である。彼の作品は「遠くへの憧憬」を共通テーマに作られており、心揺さぶられる作品として注目されているのだ。多くの作品を指先の感覚のみで生み出している刈萱。