第6話:接続|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】

第6話:接続【愚者の皮〜チガヤ編1巻】

チガヤに見えた一筋の光
愚者の皮〜チガヤ編
作者:草野誼
>>【ストーリーな女たち】愚者の皮〜チガヤ編|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

 

(1巻収録話)
第1話:嫉妬ぶかい男
第2話:妻籠
第3話:永訣
第4話:偽りの献身
第5話:屈辱のゲーム
第6話:接続
第7話:刈萱

 

(第6話あらすじ)
毎晩、必ず革のベッドを選んでしまい、セキに撫で回されることから逃れることができずに絶望の淵に立たされていたチガヤ。

 

だが突如、彼女の瞼の裏に文字が浮かんできた。

 

カタカナで一文字ずつ表示される言葉は「ホスウニチュウイ」

 

突然のことに意味が分からず取り乱し、駆け出したチガヤの肩を何者かが掴んだ。

 

それだけで相手がセキだと分かってしまうチガヤ。

 

目の前にはうっすらと彼の顔が浮かんでいくる。

 

セキもまた、少し驚いた様子を見せる。

 

これは体が自分の手のひらに馴染んできた証拠だろう

 

自分の意思に反し、セキにどんどん近づいていく彼女がそこにはいたのだ。

 

連れ立って家に帰った二人に今日も就寝の時間が訪れる。

 

セキはチガヤを寝室に促すと、いつものように3つの寝台の中から一つを選べと促した。

 

どうしよう…きっと今夜も間違ってしまう…

 

唯一、安心して眠れる竹のベッドで眠りたいのに、何故か革のベッドを選んでしまうチガヤ。

 

思えば自分はいつも選択を間違ってきた。

 

兄の言いつけに従って嫁いだことも、家の中に兄たちを入れてしまったことも…

 

そしてほんのひと時でもセキを好きになってしまったことも…

 

彼から逃れなれないのは自分のせいなのだ…!

 

自然と涙が溢れるチガヤの目に、昼間に見た文字が浮かんでくる。

 

ホスウニチュウイ

 

頭の中に直接、語りかけてくるようなあの言葉。

 

その意味とは一体…?

 

ふと、チガヤに一つの考えが思い浮かんできた。

 

自分の考えを確かめるべく、彼女はセキにゲームの変更を提案する。

 

ベッドを選んだとみなすのはスタートに設置されたTからVのプレートを踏んだ時ではなく、自分の手がベッドに触れた時にしてほしいと願い出たのだ。

 

こうすれば一緒にゲームを楽しむことができると主張するチガヤ。

 

セキは時間を引き伸ばそうとしているのではと疑うが、それなら金のベッドに押し倒せばいい、とチガヤも引かない。

 

セキは提案を受け入れ、彼女は頭の中に浮かんだ言葉通りにプレートからベッドまでの歩数をそれぞれ数えていき…?

 

>>第6話:接続|漫画レビュー

 

愚者の皮〜チガヤ編
作者:草野誼
>>【ストーリーな女たち】愚者の皮〜チガヤ編|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

愚者の皮〜チガヤ編|配信タイトル一覧

第1話 嫉妬ぶかい男
第2話 妻籠
第3話 永訣
第4話 偽りの献身
第5話 屈辱のゲーム
第6話 接続
第7話 刈萱

関連ページ

第1話:嫉妬ぶかい男|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第1話:嫉妬ぶかい男|息を弾ませながらたくさんの荷物を持って山道を歩く少女・チガヤ。その先には彼女の兄という男たちが何人もいるはずなのに、誰も彼女の荷物を持とうとはしない。嫁入りの荷物なんだから自分で運べよ、と意地悪なことを行ってくる兄たち。
第2話:妻籠|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第2話:妻籠|訪ねてきた兄たちに汚され、それを知ったセキによって室に閉じ込められてしまったチガヤ。セキは彼女のために餅をつき、甘酒を作って差し入れていた。だが、彼女はどんなに衰弱してもそれらを受け入れようとしない。自分を心配しているならここから出して欲しいという願い
第3話:永訣|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第3話:永訣|自分の力で何とかするしかない…何も持たないチガヤはそう決意し、自分の力のみで室からの脱出を試みていた。髪を引き抜き、それを編んで糸にして動物たちのカゴを結び付けていく。最後に転がっていた農機具を手にし、彼女は自由を求めて出口へとよじ登っていった。
第4話:偽りの献身|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第4話:偽りの献身|室の脱出に失敗し、転落して大怪我を負ったチガヤを連れ病院へと駆け込むセキ。その様子はまさに鬼のようで、看護婦は慌てて院長に報告を入れる。だが、院長は笑顔のままセキを院長室に通すよう指示を出した。彼はこの辺りでは知らないものはいないほどの名士。
第5話:屈辱のゲーム|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第5話:屈辱のゲーム|退院し、セキと都会で暮らすことになったチガヤ。彼女は白杖をつきながら一人で街を歩けるよう練習をしていた。だがそれは思いのほか難しく、セキはそんな練習必要ないだろうと手を差し伸べてくる。その手を決して握ろうとはしないチガヤ。あなたの手だけは借りたくない…
第7話:刈萱|漫画あらすじネタバレ【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第7話:刈萱|刈萱はまだ年齢としてはかなり若いものの、彫刻家として高い評価を受けている人物である。彼の作品は「遠くへの憧憬」を共通テーマに作られており、心揺さぶられる作品として注目されているのだ。多くの作品を指先の感覚のみで生み出している刈萱。