第5話:屈辱のゲーム|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】

第5話:屈辱のゲーム|妻の心を射止めたいセキの想い

目が見えなくなったチガヤに身を捧げ、つきっきりで面倒をみることにしたセキ。

 

しかし、彼女はそれを良しとしませんでした。

 

まだ慣れない白杖を使って街に出ても失敗ばかり。

 

それでも迎えに来たセキの手に頼ろうとは決してしません。

 

見えない目で彼を見つめ、あなたの手だけは借りたくない…、そう宣言するのでした。

 

もう一人では生きていけない体なのに自分に心を開こうとはしない妻。

 

それでも彼女の心を開きたいと願うセキは病院の院長に相談を持ちかけました。

 

女性でありながらやり手の彼女はスキンシップが足りないのではとアドバイスします。

 

そして女性の体を満足させる術をセキに伝授するのです。

 

頭で分からないなら体で分からせればいい。

 

これはいささか乱暴な気もしますが、女性と殆ど関わることのなかったセキは素直にその言葉を信じてしまいます。

 

夜になるとセキはゲームと称してチガヤをとある作戦に嵌め、彼女の体をオイルでマッサージするのです。

 

決して満たされることのない疼きを与えられ、混乱していくチガヤ。

 

このままでは体も心もセキに奪われてしまう、だがそれだけは我慢できない!

 

でも目が見えない自分にはこの現状を突破する方法が見つからない…。

 

途方に暮れるチガヤ、彼女はこのままセキの手に落ちていってしまうのでしょうか?

 

いいえ、そうではないようです。

 

チガヤやセキとは離れた場所、そこに彫刻家として活動している刈萱という少年がいます。

 

彼は不思議な力でチガヤと目が繋がっているようで彼女にメッセージを送るのです。

 

謎の人物、刈萱の登場はチガヤの運命を大きく動かしていく予感。

 

彼によって二人の関係がこれからどう変化していくのかにも注目です。

 

>>第6話:接続|あらすじネタバレ

 

愚者の皮〜チガヤ編
作者:草野誼
>>【ストーリーな女たち】愚者の皮〜チガヤ編|試し読みはコチラ
配信サイト:まんが王国
「愚者の皮」で検索してください

愚者の皮〜チガヤ編|配信タイトル一覧

第1話 嫉妬ぶかい男
第2話 妻籠
第3話 永訣
第4話 偽りの献身
第5話 屈辱のゲーム
第6話 接続
第7話 刈萱

関連ページ

第1話:嫉妬ぶかい男|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第1話:嫉妬ぶかい男|好きになった人を独占したい…これは誰もが考える欲望でじゃないでしょうか。恋をすると人は盲目になり、相手が他の異性と喋って欲しくない、自分だけを見て欲しいと考えることも。しかしながらその感情が行き過ぎてしまうと大変なことになってしまうもので…
第2話:妻籠|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第2話:妻籠|妻に裏切られたけど手放したくはない…!そんな状況に追い込まれたセキ。もしあなたが同じ状況ならどうしますか?相手を殺してしまう、そんな過激な選択肢もあるでしょう。心を殺して我慢する、大抵の人がそんな選択をするかもしれません。しかし、彼の選択肢は一つでした。
第3話:永訣|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第3話:偽りの献身|セキの本性を知ってしまったチガヤ。彼は助けた動物たちを檻に閉じ込めたまま、そのまま死なせていたのでした。そんな彼に閉じ込められたら自分は一生このまま、遠くの景色を見ることができない。チガヤは覚悟を決め、一人でこの檻から脱出を試みるのですが…
第4話:偽りの献身|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第4話:偽りの献身|決死の脱出を心みたチガヤでしたが、志半ばで落下し大怪我を負ってしまいます。それは彼女の頭を二本の棒が貫通するほどの大怪我で生死の境をさまようことに。駆けつけたセキも寸でのところで間に合わず、急いで病院に駆け込みます。
第6話:接続|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第6話:接続|視力を奪われ、唯一の希望であった遠くを見ることが叶わなくなったチガヤ。さらにはセキに毎晩、ゲームという名目で疼きを与えられるなんて可愛そうです。どうすることも出来ない状況に追い込まれた彼女に見えた一筋の光は目の瞼の裏に浮かんが言葉!?「ホスウニチュウイ」
第7話:刈萱|漫画レビュー【愚者の皮〜チガヤ編1巻】
愚者の皮〜チガヤ編 第7話:刈萱|今でちょこちょこ登場していたものの、完全に謎の人物だった刈萱の正体がいよいよ明らかに!とは言っても彼のちょっとした素性だけで真相にはほど遠いのですが…。でも今回はチガヤにとっても進展のある回となっていますよ!まずは刈萱のご紹介から参りましょう。